「感覚」からのヘッドホン

By Kyri(2017.06.09)

世の中にはヘッドホンで溢れています。

手軽に聞けるヘッドホンや業務用のモニターヘッドホンと呼ばれているものまで。

その中でも今回、議題にあげるものはモニターヘッドホンについて。

 

現在、クローズ型からオープン型まで開発されています。

それぞれのタイプで聞こえ方は変わってきます。

それらの色々なタイプのヘッドホンがある中でフラットと言われていることの意味はどこまで通用するのでしょうか・・・?

 

大雑把にクローズ型のヘッドホンでは音は近く、オープン型では音は遠く聞こえます。

体験したことがある方はわかると思いますが

聞こえ方がかなり違ってきます。(体験したことが無い方は店頭で視聴してみることをお勧めします。)

2つの聞こえ方を例えていうならば、ペペロンチーノとカルボナーラくらい違います。

どちらも同じフラットなのに耳に届く音の感覚は全く違うんですね。

ちなみに僕はカルボナーラとオープン型ヘッドホンが大好きです。

両方ともマイルドなイメージがします。

 

クローズ型の定番ヘッドホンSONYの900STでは定番と言われているものなのでさすがに音がよく聞こえます。

よく聞こえるという表現は、音がよく確認できるということです。

演奏ミスやノイズ確認などの粗探しに適していて、レコーディングの時によく使われます。

楽器の練習等でヘッドホンを使うときは900STが最適ですが、

僕は気持ちの良い音ではない感覚です。

むしろあえて硬く音が確認しやすい聞こえ方にしてあるイメージですね。

よく確認できるからといって900STで良い音が作れるとは限りません。

ちなみに900STに手を加えずナチュラルで聞くのと900STのユニットを手で抑えて耳の近くで聞くのでは印象が変わってきます。

低音の締まり具合が良くなる印象です。

同じヘッドホンなのに感覚での聞こえ方は変わってきます。

 

オープン型ヘッドホンで僕が愛用しているSENNHEISERのHD650では

音の広がりや聞こえ方は個人的にはナチュラルで、空間で聞いている感覚に近いんですね。

定位感というよりもヘッドホンでは認識しづらい前後関係まで見えてくる音像感。

立体的に音が見えてきます。

オープン型ならではだと思います。

僕の感覚ではとても気持ちのいい音です。

音作りとかもすごくしやすいですね。

(オープン型ヘッドホンが好きなので僕の意見にはかなりのバイアスがかかっています。ステマと思われないように一応・・・)

 

僕は生まれて育った環境でその人の「フラットな音」は人それぞれ変わると思っています。

人によってそれぞれ好きな音楽のジャンルがあることと、似ているようなものです。

僕自身、山や海や川や滝の自然がいっぱいある地域で育ったので密度の濃い音よりオープンな音像が好きなのかもしれません。

自分の環境に耳がチューニングされていると思っています。

自分の基準となる音が生成されるわけですね。

その基準を僕は自分のフラットな音だと思っています。

 

もし、自分のフラットな音を変えたいという方は

自分の育ってきた環境を今更変えることはできないので、現在使用している再生環境のレベルをあげて耳をワンランク上にチューニングすることは耳の基準をあげる一つの方法だと思います。

(上記音源の前半のような音がする再生環境を使って育つか、後半のような音がする再生環境を使って育つか、で自分のフラットな音が変わってくる例です。)

しかし、音を届ける人なら基準をあげすぎることも問題になります。

なぜなら、

自分の音の基準をあげても一般的な人はそれを聴き取れる環境を持っていないからなんですね。

情報量を処理できる環境や良い耳を持っていても一般の人はそれを処理できる環境や耳を持っていない場合が多いということです。

開発により音質は上がっていますが、それに応じて一般環境も音質が上がっていかないと相互ですれ違いがおきてしまいます。

前回の記事で触れている内容です。)

 

 

なので「フラット」と言われるものはすべての人の標準として大切なのだと思いますし、

今までその言葉が無くならず使われている所以なのかもしれません。

私なりの独自の解釈ですが・・・